大学職員公募情報|国公私立大学の事務採用と内定への道標

国公立・学校法人の事務職員求人情報

早期内定への道

5分で読める大学職員「超速」内定への近道

こちらのページでは、時間に余裕の無い就活者向けに、「早期内定への近道」のダイジェスト版にまとめています。いちおう5分で読める分量に抑えていますので、気になるトピックについてはフルサイズ版をご覧ください。では、始めます。 転職活動記録 まずは自…

なんでウチにきたいの?への「刺さる」答え ~大学職員への早期内定の道(面接編⑨)

大学職員の採用面接を受けると必ず聞かれる質問があります。 「なんでウチにきたいの?」 「いまの職業を辞めてまで?」 「それって今の勤め先では実現できないことなの?」 自身の経験上、ほぼ全ての面接機会でこのような質問を受けた記憶があります。 ひと…

意外な質問への対処法 ~大学職員への早期内定の道(面接編⑧)

私は大学職員への転職にあたり何度も面接を経験しましたが、面接を受けるたびに返答に困る質問を浴びせられました。 たとえば「最も嬉しかったこと」「最近読んだ本」など。 このような想定外の質問に困惑した経験のある方も多いと思います。 そんなことを聞…

圧迫面接の対処法 ~大学職員への早期内定の道(面接編⑦)

誰しも圧迫面接では気が重たくなるでしょう。 ありがちなのは、「それってウチじゃなくてもいいんじゃない?」という質問ではないでしょうか。 実際のところ、大学はメーカーや専門商社ではありませんから、その大学でなければできないことなどありません。 …

面接官を「引き込む」ための3つの立ち回り ~大学職員への早期内定の道(面接編⑥)

面接試験に臨むにあたっては、すでに言い尽くされていることではありますが、エントリーシートなどの事前提出書類が重要であり、面接試験の成否はこれらの書類の出来不出来にかかっていると言っても過言ではありません。 面接試験という特殊な状況下、しかも…

アガリ症のための「鉄壁」自己紹介 ~大学職員への早期内定の道(面接編⑤)

面接で最初の難関は自己紹介です。 初対面の面接官を前に、慣れない環境で、自分から話を始めるのは誰でも緊張します。私自身の経験からしても、自己紹介だけは鬼門でした。 印象に残るよう頑張ろうと思う反面、声も震えるし、事前に練習していたように言葉…

面接での評価を上げる質問力 ~大学職員への早期内定の道(面接編④)

「面接での失言を防ぐ3つの予防策」でも若干説明しましたが、人間というのは本当に、「とっさ」「予想外」「なんでもいいから」に即応できません。 質問に対して答えを探すのは人間の本能だそうです。想定外の質問をされると、その場でなんとか意味のある回…

大学職員あるある質問集 ~大学職員への早期内定の道(面接編⑩)

《質問集1》大学時代に力を入れたこと 躊躇せずに「勉強した」と言ってください(笑 やはり大学は教育機関なのです。 学生の本分は勉強以外にありえません。 大学職員である面接官は、一般社会人に比べ、遥かに純粋です。 学生は勉強するべきだと真面目に考…

面接前日のチェックリスト ~大学職員への早期内定の道(面接編②)

受験勉強に直前対策があるように、就職活動の面接試験でも、当日・前日に確認しておくべきポイントがあります。 志望大学の基本情報 まず、当然のこと、志望大学の基本情報は頭に入れて面接に望むのが鉄則です。 基本情報が頭に入っていれば受け答えの精度が…

面接での「失言」を防ぐ3つの予防策 ~大学職員への早期内定の道(面接編③)

専任職員の選考では、最終面接も含めて3回程度の面接試験を課す大学が多いかと思います。 一番の面接対策はESをしっかり練ることであることは言うまでもありませんが、いかに質の高いESが書けていたとしても、面接会場には意外な「魔物」が潜んでいるもので…

倍率100倍を突破する面接対策 ~大学職員への早期内定の道(面接編①)

ノーミスでは勝ち残れない 大学職員の面接試験を受ける中で、特にミスもしてないのに落ちた、 このような経験はありませんか? どこが悪かったんだろう、何をミスったんだろう、 さっぱり理由が分からない。 とりあえず、大学が求める人材像と違っていたんだ…

大学職員への早期内定の道⑬ ~作文の「字数不足」を補う方法~

一般的に字数制限のある作文では指定字数の8割以上を埋めなければならないと言われています。 800字の指定であれば、640字以上を埋める必要があるということです。 文字数をオーバーしてもダメですが、それなりの文字数がないと見た目にも貧弱ですし、あま…

大学職員への早期内定の道⑫ ~作文試験の傾向と対策~

大学事務職員の採用試験で、わりとよく出題されるのが作文です。 筆記試験として出題される場合もありますし、1次面接後に人数を絞って実施される場合もあります。当然、後者の場合のほうが、中身をじっくり読まれることになります。 作文試験の課題(テーマ…

クレペリン検査への対策(応用編)~大学職員への早期内定の道⑪~

まず、冒頭でお断りしなければなりませんが、以下のテクニックは必ずしも裏を取れていません。 私なりに様々なルートからクレペリン検査の採点方法を調査したうえで、効果的であろうポイントをご紹介します。 計算ミスは修正しない クレペリン検査は純粋な計…

クレペリン検査への対策(基本編)~大学職員への早期内定の道⑩~

クレペリン検査は大学職員の選考試験で多く使われます。 初めて耳にする方もいらっしゃるかと思いますが、大量の計算問題を解かせることにより、事務処理能力や特性(性格)を診断することが目的です。 クレペリン検査の概要 クレペリン検査の方法は非常に簡…

大学職員への早期内定の道⑩ ~時間対効果を踏まえた筆記対策に関する考察~

別項「常に上位通過を目指す」でも触れさせていただきましたが、筆記試験は数字で結果が出るだけに、上位通過の重要性は高くなります。 募集人数が5名なら5位以内、若干名募集なら1位通過が目標です。 筆記試験だけならば上位20〜50%程度でもクリア…

現役職員が作ったES記入例(関西外大編3) ~大学職員への早期内定の道⑨~

前回に引き続き、関西外国語大学を題材としたES作成実践例の第3回目。 実際に制限字数内で解答例を作成しているので、書き方の一例としてご覧いただければ幸いです。 大学の授業において、特に力を注いだことは何ですか。また、それが今のあなたにどのように…

現役職員が作ったES記入例(関西外大編2) ~大学職員への早期内定の道⑨~

前回引き続き、関西外国語大学を題材としたES作成実践例の第2回目。 例によって、「これは使える」と感じた部分を参考にしていただければと思います。 あなたが、関西外大で実現したい夢は何ですか。また、あなたはそれに対して、大学職員としてどのように関…

現役職員が作ったES記入例(関西外大編1) ~大学職員への早期内定の道⑨~

エントリーシート作成の実践例と考え方について、関西外国語大学の応募書類を題材にし、全4回で記述していきたいと思います。 エントリーシートは当然のこと個性が強く出るべきものなので、合点のいく部分のみ参考としていただければ幸いです。 あなたが関西…

自己PRの「切り口」探しには無料の診断テストが有効なワケ ~大学職員への早期内定の道⑧~

筆者は民間企業で10年ほど働いたあと、大学業界に転職いたしました。 転職活動中は考えが煮詰まったり、頭の中がモヤモヤしたり、内定に向けて気持ちを前進させるのに苦労しました。 わずかな休日を削って転職活動に励んでいるのに、応募書類を作成しように…

大学職員への早期内定の道⑦ ~業界未経験者がアピールすべき4つのポイント~

大学専任職員の応募倍率は時として100倍を超えるとも言われますが、新卒はもちろん既卒者採用においても、ほとんどの方が業界未経験者かと思います。 未経験者が面接やエントリーシートにおいてアピールすべきポイントは何か?という点について整理したいと…

大学職員への早期内定の道⑥ ~ほどよい「味付け」で職務経歴書を底上げする~

中途採用者の場合、志望動機書に加えて職務経歴書の提出が求められます。 志望動機書に比べて、わりと事務的に書いてしまいがちな職務経歴書ですが、事実を時系列で並べるだけでは読み手に不親切ですし、なんのアピールにもなりません。 文章上のテクニック…

大学職員への早期内定の道⑤ ~内定水準の国語力と面接官の誘導術~

就職活動の応募書類に限らず、文章を読むと、その人の基礎学力が分かります。 教養レベルの国語力はもちろん、社会人として厳しい訓練を受けた方は、文章でビジネススキルを表現することもできます。 逆に言えば、既卒採用で応募書類が不出来だと、「この文…

大学職員への早期内定の道④ ~応募書類の出来は面接力と比例する~

就転職活動を開始するにあたり、最初の関門は応募書類の作成でした。 単なる書類作成じゃないかとタカをくくっていたら、志望動機をワープロ打ちするだけで丸2日もかかってしまいました。 書類作成の難しさの一つは、他の応募者の状況が分からない点にあり…

大学職員への早期内定の道③ ~ハイスペ自慢がざくざく落ちるワケ~

前々号でも少し触れましたが、昨今の大学職員採用では、応募者の学歴や職歴の水準がかなり上がってきています。 大学職員志願者のハイスペ化が進んでいるため、早慶帝大なら普通に落ちます。 中途採用者のサラリーマン歴についても、日経225銘柄企業くらいで…

大学職員への早期内定の道② ~競争率300倍の中身は20倍なワケ~

この業界を志す方には耳タコかもしれませんが、大学事務の応募倍率は300倍を超えるとも言われる超激戦区です。 多くの大学は応募倍率や応募者数・内定者数を公開していませんが、ほんの一例として、関西大学では例年30倍前後、2015年度の神戸市外国語大学で…

大学職員への早期内定の道① ~待ってる者に順番は回ってこないんだ~

恐らく、この業界への就職や転職を考えている方の多くは、「大学職員はノルマが無く、安定していて、まあまあ待遇が良い」というイメージをお持ちかと思います。 民間企業の厳しさを知らない人々がのんびりと仕事をしているんだろう、そんな職場風景を想像さ…

copyrights@大学職員公募情報・プライバシーポリシー

おすすめします

「大学とは何か」という書名のとおり、歴史的・法律的・文化的なアプローチから、「大学」のアウトラインを描き出した名著。前提知識無しに読める敷居の低さも推奨の理由です。