大学職員公募情報|国公私立大学の事務採用と内定への道標

国公立・学校法人の事務職員求人情報

選考リポート(金沢医科大学2015年)

大阪市立大学の選考リポートをご提供いただけたのでご紹介します。

◇選考日程

ES:5月14日〆切

筆記試験:5月下旬

一次面接:6月上旬

◇選考内容

・ESはA4で片面1枚、「研究課題やクラブ活動など学生生活について」「趣味特技」「コンピュータースキル」「志望の動機と抱負」「自己PR」の5項目で、記述スペースは狭いです。

・筆記試験は、一般教養(国語、数的処理、英語、時事、択一式)、小論文(仕事をする上で大切にしたいことで800字)、クレペリンの3つで、どれも60分でした。同時に、併願状況や希望する面接日(選択式)などのアンケートもありました。

・一次面接は、3対1の個人面接で、ESの「コンピュータースキル」以外の全ての項目について質問を重ねて深める形でした。また、併願状況も聞かれました。時間は20分程度だったと思います。圧迫ではないですが、最初から熱心に話を聞こうとするような感じはなく、印象はあまり良くありませんでした。

◇選考会場の雰囲気(どのような部屋か、他の受験者の人数など)

・筆記試験は大講義室で100人弱の受験者がいました。比較的近隣の受験者が多かったように思います。

・一次面接は、広めの部屋に通されました。面接官との距離は遠すぎず近すぎずでした。受験者数は多くて50人程度だと思います。

◇感想、反省点、アドバイスなど

・筆記試験は数的処理が公務員型の判断推理などが多く、やや難易度が高かったですが他は簡単でした。得点率は8割程度だと思います。

・一次面接は特に志望動機が甘く、印象が悪かったのがはっきりと伝わってきました。当然でしょうが、内容が甘いと容赦なく突っ込まれます。 リポート執筆:CNさん

copyrights@大学職員公募情報・プライバシーポリシー

おすすめします

「大学とは何か」という書名のとおり、歴史的・法律的・文化的なアプローチから、「大学」のアウトラインを描き出した名著。前提知識無しに読める敷居の低さも推奨の理由です。