大学職員公募情報|国公私立大学の事務採用と内定への道標

国公立・学校法人の事務職員求人情報

本気で英語を勉強したくなる元大学生のブログ

先日のブログ(これからの「実学」の話をしよう)にて、昨今の実学ブームに冷水を浴びせてみたところだけど、それでも将来に向けて何か役に立つことを勉強したいという意欲があるならば、一点集中で英語を頑張るべきだと思う。とはいえ、数ある自分磨きの中で英語の勉強はもっともハードルが高く、そういう人のためにヤル気が出るブログをご紹介したい。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。

さて、今回のネタ元はこちら。 タイトルはTOEIC980点だけど、すでに連続満点(990点)を達成中とのこと。 TOEIC980点の大学生のブログ http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/ このブログの管理人は「英語好き」さん。 当時は大学生だったが、いまは米国在住。 そして、彼が英語を学習する前のプロフィールはこちら。

● 高校時代 高校では理系のコース。英語が嫌いで一切勉強せず。英語力測定不能。 ● 浪人生時代 話せたら格好いいと思い、突然英語に関心を持つ。ほぼ英語力0から始めて、Z会の「速読英単語」のCDが付いているものを、オックスフォード現代英英辞典だけを使って無理やり読解(推測しながらの解読に近い)。たまにCDを聞き取りながら、内容を書き取ったりしていた(ディクテーション)。 ● 大学入学直前 英検二級になんとか受かるレベル (おそらく TOEIC だと450~500点ほどの力)

青山学院大学地球社会共生学部の公募制推薦入試の出願条件がTOEIC500点なので、大学入学時の英語力はごくふつうの高校生のレベルだろう。ちなみに、大学入試でのTOEICの活用状況はこちらで検索可。 そして、彼の現在のスコアがこちら。 特にIELTSのスコアがすごいですなあ。ご自身の弁によれば「日本人でこのスコアを取っている人はほぼ皆無です。」とのこと。まさに英語学習者の頂点だと言える。

TOEIC連続990点 英検1級 TOEFL 116 (初受験) IELTS 8.5

さらに、以下が彼の大学時代の軌跡。 ちなみに彼は大学卒業後、海外トップクラスの大学に奨学金留学を叶えます。ひと昔前の英語マニアはただの試験オタクでしたが、いまの若者は留学という選択肢が身近になってますね。(さらに2015年には米国永住権を取得)

● 大学一年生 入学してすぐからTOEICテスト新公式問題集などでTOEIC対策。 2ヵ月後の6月のTOEICで760点 (L:400、R:360)を取る。 一年生後期(10月頃)のTOEICで820点 (L:410、R:410)を取得。 ● 大学二年生 英語圏に一年間留学、英語でレポート等を大量に書き、ライティングがかなり鍛えられる。 TOEICの対策本としては、「TOEICテスト新公式問題集」、 他にも、VOAニュースのシャドーイング、ハリーポッターシリーズなどを読んだりも。 帰国して一ヵ月後、3月のTOEICで955点 (L:470、R:485)取得。 ● 大学三年生 英検一級に合格。 ● 大学四年生 卒業前に記録を作ろうとTOEICを受け、980点 (L:495満点、R:485)。

なお、上記以外のプロフィールはこちらを参照のこと。プロフィールを読むだけでもヤル気になれるし、大学生時代に彼が綴った記事も生々しくて参考になる。 さて、なぜ彼のブログが「英語を勉強するぞ!」という気持ちを奮起させてくれるかというと、大学4年間という限られた期間で、このように素晴らしい成長を遂げているからだと思う。 英語学習に関するたいていの目標なら、短期間で達成できる。そう信じさせてくれる。 いまだに「英語だけ話せてもねぇ」なんていう1000%時代遅れな人間が多いのも事実だけど、それは英語嫌いが多いことの裏返しでもある。最近の大学職員採用では英語力を応募条件にする大学がチラホラあり、現実に英語力の有無で将来が開けたり閉ざされたりもするのだ。 という感じでつらつら書きつつ、次回もよろしくお願いします。

copyrights@大学職員公募情報・プライバシーポリシー

おすすめします

「大学とは何か」という書名のとおり、歴史的・法律的・文化的なアプローチから、「大学」のアウトラインを描き出した名著。前提知識無しに読める敷居の低さも推奨の理由です。