大学職員公募情報|国公私立大学の事務採用と内定への道標

国公立・学校法人の事務職員求人情報

大学業界への転職ブログいろいろ

自身はとある民間企業から大学業界に転職したわけだけれど、転職活動中はかなり精神的に追い込まれ、完全なる自信喪失状態に陥った時期もあった。夢を持って転職活動してるのに、夢どころか自分を失いかけていた。 そんなとき、やはりネット時代の恩恵なのか、同志の方々、あるいは先輩方が綴られるブログを、心の慰みとして読み漁ったりもした。 そんなブログをいくつかご紹介。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。

大学職員のススメ http://plaza.rakuten.co.jp/ecole/

こちら、自身の転職活動時代に実際に読ませていただいていたブログ。 現在は更新をお休みされているようだけど、当時は「大学職員」という検索ワードでかなり上位にヒットしていたため、何度も何度も読み返していた記憶あり。よほど重症だったのかも。

35歳からの転職 http://35career.com/post/category/%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E8%81%B7%E5%93%A1%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93

よく「35歳限界説」という言葉が昔から耳にするけど、その35歳オーバーで大学業界への転職に挑まれた方のブログ。 大学業界は基本的に未経験者ウェルカムなので、30歳未満を応募条件にするところも多く、35歳というのはかなり年齢高めだと思われ。それでも最終面接まで残るのだから、作者の方の転職力は相当なもの。 こちらも面接結果を気にしていたけど、やっぱり最終面接でも落とすんだなと思った。自身も最終面接落ちを経験しているので、そのあたりの心情は察するところ。

50歳からの転職奮闘記 http://nooncat.cocolog-nifty.com/blog/cat21663028/index.html

こちらは35歳どころか50歳からの転職活動を綴ったブログ。しかも、前職を退職し、無職状態での転職活動。 自身の勤務先にも40代で転職した人がチラホラいるけど、さすがに50代でという人はいない。 結果的に大学業界への転身はかなわず、現在はブログお休み中。

失敗のカンヅメ~転職失敗→派遣生活→ようやく正社員で採用担当になった自分がみなさまのキャリアアップを応援するブログ~ http://ameblo.jp/smilesmile0787/entry-11303884655.html

専任職員を目指すことを前提に、まずは契約職員や派遣として大学で働いてみようと思われる方も少なくないと思われるが、実際に派遣から専任を目指された方のブログ。 自身の勤務先では、契約から専任、派遣から直接雇用(契約)というキャリアアップのパターンはあり、勤務評価が高ければ自校での専任登用もアリだと思っている。 という感じでつらつら書きつつ、次回もよろしくお願いします。

おすすめします

「大学とは何か」という書名のとおり、歴史的・法律的・文化的なアプローチから、「大学」のアウトラインを描き出した名著。前提知識無しに読める敷居の低さも推奨の理由です。